Google、無料のアクセス解析「Google Analytics」を公開

Google、高機能なウェブ分析ツール「Google Analytics」を無料で利用可能に。


公開日時:2005年11月14日 12:22

米Googleは2005年11月14日、無料のASP型アクセス解析ツール「Google Analytics」(グーグル・アナリティクス)を公開した。3月に買収したウェブ分析ツール「Urchin」がベースとなっている。

Google Urchinは高機能なUrchinのアクセス解析機能をそのまま無料で提供する。80以上のレポートによりPVや訪問者数、訪問者のサイト内行動遷移、リファラや広告キャンペーンの掲載結果のトラッキングができる。アドワーズ広告アカウントと統合され、広告主はアドワーズ広告アカウントから直接Google Analycisにアクセスすることもできる。また他社の広告の追跡にも対応している。

Google Analyticsは500万PVまで無料となっているが、Googleアドワーズ広告アカウント所有者にはPV制限がない。50のプロファイルを作成可能なので1アカウントで複数サイトのアクセス解析もできる。現在中国語、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、およびスペイン語で利用できる。

Google Analyticsを無料で開放し、多くのウェブサイトに採用されればGoogleは検索サイト上だけでなく各々のサイトへ移動したユーザーの行動データも取得し、個々のサイトの売り上げやコンバージョンまで把握することができる。世界中のオンラインマーケティングデータがGoogleサーバに蓄積されていくことになる。

Google Analytics
http://www.google.com/analytics/ja-JP/


無料でやってくるとは思いませんでした、さすがグーグル。

cf.
グーグル、ウェブ分析サービス「Google Analytics」を公開へ
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20090795,00.htm





記事カテゴリ:アクセス解析 / Web分析
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。