ヤフー、「Yahoo!アクセス解析」を一般公開

ヤフーが無料のアクセス解析サービス「Yahoo!アクセス解析」を一般公開。Google Analytics 対抗。PCサイトの解析のみ対応。


公開日時:2009年05月27日 06:02

ヤフーは2009年5月26日、無料のアクセス解析ツール「Yahoo!アクセス解析」を一般公開した。

これまでYahoo!アクセス解析は、Yahoo!ジオシティーズのジオプラス会員限定で公開されていた。本日から、営利・非営利問わず誰でも無料で利用可能になる。利用にはYahoo! JAPAN IDが必要。

26日時点でアクセス解析利用時に「ベーシックエディション」と「カスタマイズエディション」の2つが選択可能。ベーシックエディションは、よく利用する複数のレポートをまとめたダッシュボードが初期設定されているが、カスタマイズエディションはこのダッシュボードを自由に設定できる。

Yahoo!アクセス解析が計測できるデータは、ページビュー(PV、指定した期間にサイトが閲覧された回数)、訪問数(指定した期間に、サイトにあった訪問数)、訪問詳細(訪問日時、IPアドレス、国、訪問回数など)、新規訪問数(ユニークユーザ、UU)、再訪問数(リピーター)、新規訪問数vs再訪問数や「検索エンジン」、「検索ワード」、「参照元ドメイン」、「参照元URL」など。今後、コンバージョン測定機能など様々な機能追加が予定されている。

米Yahoo!は2008年10月にIndexToolsをベースに開発したYahoo! Web Analyticsを限定公開している。


Yahoo!アクセス解析
http://analytics.yahoo.co.jp/





記事カテゴリ:アクセス解析 / Web分析


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。