モバイルgoo、探している情報を優先表示する「ダイレクト機能」追加

モバイルgooが特定キーワードで検索した時に、ユーザが探している情報を検索結果上部に直接表示するダイレクト機能を追加。


公開日時:2009年08月07日 19:53

NTTレゾナント株式会社は2009年8月5日、モバイル向けポータルサイト「モバイルgoo」の検索サービスに、ユーザが探している情報を優先的に検索結果に表示するダイレクト機能を追加した。

同社によると、PC検索と比較してモバイル検索は、(1) 「人名」(ミュージシャンやタレント)検索、(2) 待ち受け画像や速報性のあるニュースの検索、(3) 空き時間を利用した興味ある情報の検索や目的地への行き方の検索、といった利用傾向があるという。一方で、モバイル検索は目的の情報に到達するまでに時間がかかったり、情報を見つけられないという不満も多くあるという。

モバイルgooのダイレクト機能は、特定ジャンルの検索クエリにおいて、ユーザが探していると思われる情報そのものを検索結果の上部に表示する機能。たとえば、ユーザが人名で検索すると、その人名に関する最新ニュースや画像を検索結果最上部に表示する。また、「乙女座」(星座名クエリ)で検索すると、最新6時間毎の運勢を表示したり、駅名を2つ入力することで該当区間の乗り換え案内を表示する。

ダイレクト機能は8月5日現在、人名クエリ、スポーツ(野球)クエリ、天気(台風・地震)クエリ、占いクエリ、地域(駅名)クエリ、画像クエリが対応済み。今後、NTTレゾナントはユーザニーズが高い「地図情報」「飲食店・店舗情報」系のクエリにもダイレクト機能に対応させていく予定。


携帯電話向けサイト「モバイルgoo」の検索機能強化について [goo]
http://help.goo.ne.jp/info/detail/1326/

#
今更かよ・・・という感じもします。





記事カテゴリ:モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。