au one検索が検索機能強化、EZweb公式サイトはトップページのみ表示へ

au one検索が検索機能を強化。EZweb公式サイトの結果枠は、トップページのみ表示に仕様変更。2語以上のキーワードで検索した時は、音楽・動画・テレビ番組・地図などダイレクトに情報表示。


公開日時:2010年03月03日 18:48

KDDI株式会社は2010年2月26日、au携帯電話で利用できるウェブ検索「au one検索」の検索機能を強化した。一部、検索結果表示の仕様も変更される。

変更は5点。第1に、2つ以上のキーワードで検索した時に、音楽・映像などのダウンロードコンテンツやニュース、テレビ番組、地図などの情報を検索結果の最上部に表示する機能を追加した。また、着うたフルなどのダウンロードコンテンツ検索では、LISMOの検索サービス「楽曲検索」「書籍検索」「映像検索」と連携し、人気情報を表示する。

たとえば「アルバイト 渋谷」で検索すると、最上部に「本・コミック by 書籍検索」の枠が現れ、書籍の紹介や無料wikiへのリンクが表示される。また、「音楽 いきものがかり」と検索すると、「着うたフル by 楽曲検索」の枠が現れ、LISMOへのリンクが表示される。

2点目に、EZweb公式サイトの検索結果枠には、サイトのトップページだけが表示されるように変更された。従来は検索キーワードと合致する、公式ページのトップを含むサイト内のページが検索結果に現れたが、検索対象をトップページのみに制限する。この変更により、サイト名での検索が便利になるとKDDIは説明する。

3点目に、検索結果の混在表示を開始する。従来は「EZweb公式サイト」「ケータイサイト」「PCサイト」を順に分類して表示していたが、ケータイサイトとPCサイトを混在表示するように変更する。

4点目に、検索結果の表示件数を設定可能にした。ページ下部に設置された「各種設定」から、ケータイサイトとPCサイトの表示情報(混在表示、ケータイサイトのみ、PCサイトのみ)や、表示件数(EZweb公式サイト:2件、4件、6件、8件、10件から、ウェブサイト/ケータイサイト/PCサイト:2件、4件、6件、8件、10件から)を指定できる。

最後に、携帯電話のアクセスキーを使って、知りたい検索結果区分に素早くアク セスできるようにした。


これらの変更は2010年2月26日(金)から実施済み。

#
EZweb公式サイトのトップページのみを検索結果に表示するようにしたことで、しょうもないスパムサイトを排除できるわけですね。





記事カテゴリ:サーチニュース 2010, モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。