NTTレゾナント、gooケータイサイト検索技術をドコモ iモード検索に提供開始

NTTレゾナント、モバイルgooのケータイサイト検索をdocomoのiモード検索内の勝手サイト(一般サイト)検索にも提供


公開日時:2010年04月30日 18:01

NTTレゾナント株式会社は2010年4月30日、NTTドコモが提供するiモード検索サービスに、gooのケータイサイト検索技術が採用されたと発表した。

NTTの各研究所とNTTレゾナントが開発した検索技術により、従来の「iメニューサイト検索」に続き、「その他ケータイサイト検索」(勝手サイトの検索)にもgooの検索技術が導入される。「その他ケータイサイト検索」はこれまでGoogleモバイルのエンジンを採用していたが、gooにリプレースされる。

また、種別の違うコンテンツを一尺度でスコアリングする技術を開発したことにより、これまで区別して表示していた「iメニューサイト」と「その他ケータイサイト」をマージして表示することもオプション設定により可能とした。

PC向けで既に提供していた、検索キーワードに合致する回答を直接表示する「ダイレクト機能」のケータイ版もリリースされた。gooケータイサイト検索の検索結果に、タレント/アーティスト情報、野球情報、占い、天気、災害情報、路線情報、地図情報、辞書等各種コンテンツが直接表示される。

NTTドコモ「iモード検索サービス」リニューアルにあたり、ポータルサイト「goo」のケータイサイト検索基盤を提供
http://help.goo.ne.jp/info/detail/1393/

cf.
NTT docomo、iMenu検索の一般検索結果がモバイルgooに





記事カテゴリ:モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。