米Apple、AppStoreの検索ランキングアルゴリズム変更、多くのアプリ順位に影響あり

米アップルがAppStoreの検索ランキングアルゴリズム変更を実施、通常時と比較して8倍以上の検索順位変動が発生。


公開日時:2013年12月15日 00:54

モバイルアプリのマーケティング支援事業を展開する米MobileDevHQの報告によると、2013年12月11日から12日にかけて、米AppleのiOS端末向けアプリ配信チャネル・AppStoreにおける検索順位が大幅に変動した。

米AppleがAppStoreの検索ランキングアルゴリズムを大きく変更したことが要因。アプリストアでは一般的な傾向として「ホテル」「写真」「音楽」などカテゴリを指す検索クエリの割合が多いが、こうしたクエリで順位の大変動が確認されている。このため、AppStoreでのアプリ発見性を高めるASO(App Store Optimization)にも多大な影響がありそうだ。

MobileDevHQは約3万の検索キーワードを常時監視してAppStoreの検索順位変動を監視している。同社によると11日~12日のアルゴリズム変更による検索順位変動幅は平均41.5。この変動幅はiPhone向けアプリの通常のランキング変更時に観察される変動幅のおよそ8倍に達するという。全体の62.8%のアプリが少なくとも順位が5以上変動、同40%のアプリは少なくとも順位が20以上変動している。それぞれ通常時は17%、3%のアプリに過ぎない。


MobileDevHQ
http://www.mobiledevhq.com/

Widespread Ranking Changes Across the iTunes App Store
http://www.mobiledevhq.com/widespreadrankingchangesacrosstheitunesappstore-136/articles


#
アプリ検索技術はまだ黎明期で、ちょうど1990年代後半のインターネット検索技術の頃のような感じ、つまり技術革新の余地がまだまだ残されているので、今後もこうした大きな検索ランキングの変動は発生するでしょう。その意味でも、アプリダウンロード数増加のためにASOをやっている企業も、検索技術自体がまだ未熟であるという前提にたって戦略を検討する必要があるでしょう。現時点のアルゴリズムにあまりに依存すると、すぐに技術が使えないものに。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013, モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。