ヤフー、ウェブ検索を本格導入 - Yahoo!検索を大幅刷新

ヤフージャパン、2005年10月3日深夜に検索結果をカテゴリ/サイト検索からウェブ検索に切り替え


公開日時:2005年10月03日 00:30

Yahoo!検索

Yahoo!JAPANは2005年10月3日深夜、Yahoo!検索を刷新しデフォルトの検索結果をYahoo! Search Technology (YST)によるウェブ検索に切り替えた。6月に公開された検索機能を全面に出した検索サイトも同時にリニューアルされた。

8月から報道されている通り、今回の検索機能刷新によりYahoo!検索のデフォルト検索はGoogleやMSNサーチと同様にウェブ検索となった。検索キーワードに対して関連性の高いページから順番に表示される。従来のダイジェスト(カテゴリや登録サイトの一致)は検索タブ切り替えで表示可能。

今回の本格導入では細部に細かな変更がみられる。ベータ版と比較して文字が見やすくなった。画面左上の「ウェブ検索結果」の直下に検索キーワードに該当するYahoo!カテゴリがコンパクトにまとめられている※1。「すべて表示」をクリックするとダイジェストで見られたようなカテゴリ一覧が表示される。スポンサーサイト(オーバーチュア)の上部にはYahoo!サービスへのリンクが掲載される※2。 (※1,2, いずれもベータ版ではスポンサーサイトの下部に表示されていた)

ウェブ検索の結果に表示されるリンクもブログについては従来のXMLへのリンクのほか、My Yahoo!に追加するリンクも現れた。Yahoo!の提供するRSSリーダーで購読することが可能だ。日本語ではないページでは自動的に翻訳してページを表示する「このページを和訳」リンクが表示される。

ロゴも変更された。従来はYahoo! SEARCH (beta)と英語表記だったが正式公開にあわせて日本らしく「Yahoo!検索」に変更された他、商品検索も「Yahoo! Product Search」から「Yahoo!商品検索」に変更されている。

世界各国のYahoo!では既に何年も前からウェブ検索をデフォルトで表示しており、Yahoo!検索( http://search.yahoo.co.jp/ ) に相当するサイトも開設されていた。日本の検索ユーザーのリテラリ向上、検索クエリの多様化、技術革新によるロボット型検索の精度向上などを背景に遅れること数年、ようやく日本のYahoo!もウェブ検索を主体に切り替えたことになる。今後は検索分野でも不動の地位を築くためにパーソナライズド検索などの導入が予想され、一人一人のユーザーが満足のできる検索サービスの提供に力を入れていく。


Yahoo!検索結果が変更された

Yahoo!検索 基本情報

URL: http://search.yahoo.co.jp/
デフォルト検索:ウェブ検索(ページ検索)
アルゴリズム:Yahoo! Search Technology (YST)
1ページあたりの件数:10件/1ページ (標準)
検索連動型広告:あり(オーバーチュア・スポンサードサーチ)
広告の表示件数:合計12枠
広告の掲載位置:画面上部4枠 画面右側8枠
JWordの表示:あり (固有名詞[レギュラーキーワード])


Yahoo!検索
http://search.yahoo.co.jp/

Yahoo!JAPAN
http://www.yahoo.co.jp/


Yahoo!検索関連リンク (Yahoo!サイト)

Yahoo!検索ヘルプ
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/index.html

Yahoo!検索リニューアルのお知らせ
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/search-16.html

Yahoo!検索 お問い合わせフォーム
http://ms.yahoo.co.jp/bin/ysearch-ms/feedback

Yahoo!ダイレクト検索 一覧
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/search-05.html

Yahoo!検索コマンド一覧
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/search-08.html


Yahoo!ウェブ検索への登録方法について

なお、最も確実に[ウェブ検索]で表示されるようになる方法は、Yahoo!カテゴリなどの規模の大きなディレクトリサービスに掲載することです。(Yahoo!検索 - [ウェブ検索]の検索結果に表示されるには?)
Yahoo!ウェブ検索に登録する方法としてDMOZやYahoo!への掲載は以前からいわれていることですが、Yahoo!自身もそれを推奨しています。

[追記] 2005/10/03 12:48

本日11時ごろから検索ができない、時間がかかる障害が発生している。多くのユーザーが新しくなったYahoo!検索を使っているのだろう。

Yahoo!検索、利用しづらい状態に

cf.
Yahoo!検索、ウェブ検索変更により70%のサイトはSERPs 2ページ目以降に :: SEM R

『Yahoo!カテゴリへの登録とビジネスエクスプレスのサービスは継続します』 - Yahoo!JAPAN :: SEM R

Yahoo! Search Technology (YST)とは? :: Yahoo!検索blog

Yahoo! JAPAN、ウェブ検索優先表示に移行、今秋にも :: SEM R





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。