ヤフー、検索行動データと融合したネットリサーチ「Search Insight」を提供開始

ヤフーとヤフーバリューインサイト、特定の検索クエリを実行したユーザを対象に調査ができる「Search Insight(サーチインサイト)」の提供開始。


公開日時:2008年11月18日 22:11

ヤフーとヤフーバリューインサイトは2008年11月18日、「Yahoo!リサーチ」の新サービス「Search Insight(サーチインサイト)」の提供を開始した。

「Search Insight」は、インターネット上の広告接触や検索行動などの解明をテーマに両社で共同研究する、新世代のインターネットリサーチシリーズ「Data Insight(データインサイト)」のサービス第1弾。

「Yahoo! JAPANでの検索行動データ」に「特定期間での任意のキーワード検索実績」を組み合わせて照合し、調査目的に合った候補者をスクリーニングすることで、「属性、検索動機、検索前後の行動、キーワードへの関心度」などに迫る調査が可能になる。

「Search Insight」の利用シーンとして、例えば、ある業界のA社と競合のB社のブランド検索を実行したユーザのデモグラフィックやインテントの違いを解析する、テレビCMと検索のクロスメディアキャンペーン実施時に、適切なターゲットにリーチできたかの確認、誘導したユーザーに与えたプロモーションの影響(SNSやブログへの書き込み、クチコミなど)を調査する、といったことが想定される。

Search Insight(サーチインサイト)
http://research.yahoo.co.jp/customer/special/search_insight/

Search Insight サンプル
http://research.yahoo.co.jp/customer/special/search_insight/output.html


#
これは売れそうー





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。