ヤフー、ウェブ検索APIを有料化 SEM不正利用に対応

ヤフー、ウェブ検索APIの有料化を発表。検索マーケティングの不正スパム利用に対応。


公開日時:2012年12月05日 21:13

Yahoo!検索チームは2012年12月3日、これまで無料で提供してきた検索関連のAPIの提供を停止するとともに、来年1月より新APIを有料で提供すると発表した。

対象は、ウェブ検索API、画像検索API、動画検索API、関連検索ワードAPI、アップグレード版ウェブ検索API、アップグレード版画像検索APIの6つ。

公式ブログによると、検索マーケティング(SEM)を目的とした不正なスパム行為の抑制が最大の理由だという。正当に利用しているユーザーの利用実績に合わせる形でスタンダードの回数を設定し、この回数内であれば無料で利用ができる。それ以上の利用回数を求める場合はアドバンストおよびスーパープランの有料プランで利用してもらいたいとしている。


検索Web APIの有料化について
http://techblog.yahoo.co.jp/topics/search_api_1/

Web APIは有料化されますが、Yahoo!検索は無料です!
http://searchblog.yahoo.co.jp/2012/12/web_apiyahoo.html

#
SEOやリスティング広告での不正な利用と言うことは、あの会社のあれとかあれのサービスなんかがひどい利用の仕方をしているのでしょう。昔、検索キーワードアドバイスツールも、ある業者が勝手にコピーして自社サービスで有料提供していたりしましたね。提供側の想定以上に利用するユーザーには課金するのもやむなしでしょう。





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。