Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か

ヤフーが検索サービスの検索結果画面右側の検索連動型広告を撤廃か。Google が2016年2月に実施した理由と同じ可能性も。


公開日時:2016年10月19日 12:34

ヤフー検索は2016年10月19日、デスクトップPC版の検索結果画面右側に表示していたスポンサードサーチ広告(検索広告)が表示されなくなった。

変更前のYahoo!検索

Yahoo!検索 変更前 テキスト広告を右側に確認
※ 10月時点

変更後のYahoo!検索

Yahoo!検索 変更後 テキスト広告が消滅
※ 10月19日17時10分時点

17時10分以降に、複数のデスクトップPC で右側のテキスト広告が表示されなくなったことを確認した。上記スクリーンショットは「seo 神」で検索したときの画面を比較している。現時点で、自然検索の上部には5件の広告、同下部には4件の広告が表示されている。関連広告ワードは引き続き右側に表示されている。一方、モバイル版の検索結果は手元の実機で確認した限り、レイアウトやデザインに特に変化はみられない。

検索結果画面の広告については Google が2016年2月にデスクトップPC版検索結果画面右側のテキスト広告をすべて撤去している。同検索サービスを運営するヤフー株式会社からは特に公式の発表は行われていないが、Google と同様に広告パフォーマンスを検討した結果の可能性がある。

なお、同じく検索結果右側に表示されていた GMOインサイト(旧JWord)提供のJWord登録キーワード(PC/レギュラーおよびプレミアキーワード)は、10月12日より同ページ中央のフッター付近(ページ下部に設置された検索窓の下)に移動している。

cf.
Google、ウェブ検索結果右側のテキスト広告枠を廃止へ(2016年)

米Ask Jeeves、検索広告の掲載数を削減 掲載数を減らした方が成果が向上することが判明したため(2005年)

Ask Jeeves UK、サイト上からバナー広告を排除 検索利用頻度を高めるため(2004年)





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, 検索ニュース 2015-2016


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。