オプト、ペイパーコール広告の販売を開始

オプト、今月にもコール課金型広告(ペイ・パー・コール)販売を開始する。


公開日時:2005年09月13日 09:35

日本経済新聞2005年9月13日付けの記事によると、株式会社オプトが株式会社コムスクエアが開発した着信課金型電話システムの販売権を取得、かけられた電話件数に応じて課金するペイパーコール広告の販売を今月中に開始する。

ペイパーコール(Pay Per Call)とはコール課金型、つまり広告に表示された電話番号にユーザーが電話をかけた件数に応じて広告費用を請求する仕組みの広告。電話番号はネット広告専用に割り当てられた番号で、データセンターを通じて企業や店舗に着信することでコール件数を追跡することが可能になっている。

コムスクエアは今月1日に成果報酬型(アフィリエイト)広告に対応した電話システム開発を発表していた。広告ごとに掲載用の11-21ケタの専用の電話番号を割り振り、データセンターを通じて通話量を把握する。Webや携帯サイトのほか、メルマガや紙、電波など、媒体形式を問わずコール課金型広告と広告効果測定が可能。飲食店情報のサイトなどの運営会社のほか、フリーペーパーなどを発行する出版社などを顧客に想定しているという。

米国ではIngenioやFindWhat.comが既にペイパーコール広告を展開しており、ローカル検索に連動した広告掲載などを行っている。Webサイトがない企業でも利用できる点が魅力となっている。

株式会社コムスクエア
http://www.comsq.com/

株式会社オプト
http://www.opt.ne.jp/

cf.
ペイパーコール広告の可能性 :: SEO FAQ

ペイパーコール広告 リンク集 :: SEO FAQ





記事カテゴリ:ニュース 05Q3
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。