米Ask Jeevesのプラグインソフトがスパイウェアの検知対象に

米Ask Jeeves配布のプログラムがスパイウェア扱いされて問題に。


公開日時:2005年09月13日 16:20

TechWebによると米Ask Jeevesのブラウザプラグインプログラムが2つのアンチスパイウェアベンダーSunbelt SoftwareとFacetime Inc. によってスパイウェアとして警告を受けている。今回問題とされているのはAsk Jeeves Bar, the Excite Speedbar, iWon Co-Pilot, My Global Search, My Search Bar, My Speedbar, My Web Search Toolbar とthe Need2Find Toolbar.Ask JeevesはIAC/InterActive Corpグループ傘下に入っており、パートナーサイトや提携サイトを通じて同社のプログラムを配布している。

今回問題になっているのは、パートナー企業の配布方法。PCユーザーに対してインストールすることを明示せずにインストールしたり、バンドルして配布されたプログラムをインストール途中でキャンセルしてもインストールしてしまっているという。

Ask Jeeves Software Marked By Anti-Spyware Vendors [TechWeb]
http://www.techweb.com/wire/software/170702567

Sunbelt Software
http://www.sunbelt-software.com/





記事カテゴリ:ニュース 05Q3
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。