『Googleアップデート』の定義

Google Matt Cutts氏が定義する「Googleアップデート」の定義とは。


公開日時:2005年09月10日 15:53

先日、Googleが”アップデート”されたとして米WebmasterWorldでは一時「Update Gilligan」と命名されたものの、後に「False Alarm」と変更されています。理由は米GoogleのMatt Cutts氏が「今回はGoogleのアップデートではない」と否定したからだ。今回のGoogleのインデックス更新はアップデートと呼ぶのか呼ばないのか。

結局のところ、Googleのアップデートについての定義がGoogle(Matt Cutts)とSEOの間で異なっていることに起因する。Matt Cutts氏は「Googleの検索アルゴリズムに変更が加えられた」ことを持ってアップデートと定義しており、PageRankやバックリンク、ディレクトリデータ、インデックスデータの更新をアップデートとは呼んでいない。

Matt氏によると、Googleは絶えず継続的にバックリンクやPageRank、インデックスを更新しているものの、ユーザーが目にすることができるデータは3カ月おきにしか更新していないという。また、私たちがこの3カ月毎に公にされるデータを目にした時には既に、検索結果はこれらのデータを反映した検索結果となっている。

さらにGoogleは毎日のようにクロールしインデックスを更新しているため、日々わずかながらのインデックスの更新は目にすることがある。こうしたローレベルの絶えず起こる変化のことはEverflux(エバーフラックス)と呼ばれているが、これももちろんアップデートとは呼ばないのだと説明している。

しかしSEOたちは、実際に目にすることができるバックリンクやPageRankの更新もアップデートと呼んできた。ここに両者の「Googleアップデート」定義の違いだ。

私たちが目にすることができるGoogleの変化は、検索結果画面(SERPs)を通じてしか確認できないわけで、その意味ではSEO/検索業界が定義するGoogleアップデートはバックリンクやPageRankのデータ更新を含んでいてもいいんじゃないかと。

cf.
Google Everflux 現象 - UPDATE (2003/11) :: SEM R





記事カテゴリ:Google 05-2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。