Google、ガイドライン違反サイトに警告メールを送付

米Googleが検索エンジンスパム行為を行っているウェブマスターたちに対して警告メールを送付し始めている。


公開日時:2005年09月20日 12:56

米Googleが検索品質を落とすスパム行為を実施するウェブマスターに対して警告メールの送付を開始した。米GoogleのMatt Cutts氏によると同社はパイロットプログラムを開始しており、同社が定める品質ガイドラインに違反しているウェブサイトのオーナーに対して一時的に同社がインデックスから問題となるページを削除したことを伝えている。

今回メール送付の対象となっている問題行為はJavaScriptリダイレクトを悪用しているサイトのほか、一部の隠しテキストを利用しているサイトにもメールを送っている。

このようにGoogleが事前にウェブマスターに対して(インデックスから削除したことを)伝えることにより、ウェブマスターはなぜ私のサイトが突然消えたのかの理由を色々と推測する必要もなくなるため、好ましいだろうとの考えを述べている。

Google - ウェブマスターのためのガイドライン
http://www.google.co.jp/intl/ja/webmasters/guidelines.html





記事カテゴリ:Google 05-2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。