Google Analyticsで蓄積されるデータの活用方法は?

Google AnalyticsによりGoogleはウェブユーザーの検索 - サイト上の行動データを集めることができるが、これらのデータはどう扱われるのか。


公開日時:2005年11月15日 18:07

Googleが無料で提供開始したGoogle Analyticsによって、検索上のユーザー行動だけでなくリンク先ページの行動データも蓄積されることになるが、これらのデータがナチュラル検索の精度向上やアドワーズ広告に用いられるのではないか?と収集した個人情報の取り扱いについての関心が高まっています。これについてSearch Engine Watch Blogでは次のように報じています。

Worried Google will use your data or the data overall to better understand how much you are willing to pay for ads, based on conversions. Google said that's definitely not done, nor are there any plans to do that. Nor are there any plans to tap into the data as a means of improving regular search results or to identify "bad" sites, Google said. [Google Renames Urchin Google Analytics, Makes It Free, Search Engine Watch Blog]


Googleは現在のところ、データをアドワーズ広告やウェブ検索の精度向上に活用するという計画はないようです。





記事カテゴリ:Google 05-2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。