Yahoo!ウェブ検索、変更後にページビューが13%増 - ネットレイティングス

Yahoo!検索、全体のPV数増加 - 2005年10月のディレクトリ検索からアルゴリズムを用いたウェブ検索への移行後


公開日時:2005年11月29日 17:45

ネットレイティングス株式会社は2005年11月29日、2005年10月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果を発表。Yahoo! Japan が10月3日に行った「Yahoo!検索」のディレクトリ(登録サイト検索)優先表示からYST (Yahoo! Search Technology) によるロボット検索(ウェブ検索)の結果を優先表示する方法への切り替えに伴い、利用者の検索行動が大きく変化したことが明らかになった。

Yahoo! ウェブ検索および登録サイト検索、Google の主要指標の変化、(2005 年9 月と10 月の比較、いずれも家庭のPCからのアクセス)

同調査によると、検索仕様変更後のYahoo! Japanのディレクトリの利用者数は20%減、ページビュー数は19%減となったのに対して、ロボット検索の利用者は2%増加、ページビュー数は13%増加したため「Yahoo!検索」全体のページビューは大幅に増加。一人当たりの利用ページ数も11%増となった。なお、同時期におけるGoogle(全
検索を含む)は利用者数、ページビュー数ともに3%増となっている。

ネットレイティングス株式会社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、既にロボット型検索がデフォルトとして採用されている日本以外のYahoo!においてはディレクトリ検索の利用率が非常に低くなっているのに大して、日本では「Yahoo!カテゴリとの一致」を存続させたことでPV減を2割に抑えたという。一方で多くのページが利用されるロボット型ウェブ検索に行こうしたことで総PV数の増加に成功しYahoo!検索全体としての広告収入増につなげられたという。

cf.
ヤフー、ロボット型ウェブ検索を本格導入 - Yahoo!検索を大幅刷新 :: SEM R

Yahoo! JAPAN、オーガニック検索優先表示に移行 :: SEM R





記事カテゴリ:ニュース 05Q4
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。