検索エンジン相関図 2006年1月15日版

検索エンジン相関図 2006年1月15日版です(誤りを訂正しました)。


公開日時:2006年01月12日 14:52

ロボット型ウェブ検索、ディレクトリ検索、検索連動型広告、ローカル検索それぞれの提携関係を図に表した「検索エンジン相関図」、最新の2006年1月15日版です。

※ 注意事項を最下部にまとめています。

ロボット型ウェブ検索

検索エンジン相関図 ロボット型ウェブ検索 (ナチュラルサーチ)

1年前の「検索エンジン相関図 2005年2月版」と比較しながらご覧下さい。

ロボット型ウェブ検索(ナチュラル検索)の検索エンジン相関図です。「Google」「Yahoo!JAPAN」2大検索エンジンを軸にパートナーサイトに提供されています。Yahoo! Searchは一部、Inktomi(現在は米Yahoo!子会社)のパートナーが含まれていますが、実質的にYahoo! Searchのため図では一緒にまとめています。

ロボット型検索の提携関係は当面大きな変化はないでしょう。変化の要因としてAsk.jpとMSNサーチによるパートナー拡大、ライブドアの独自アルゴリズム検索投入(?)が挙げられますが先行き不明。


ディレクトリ検索


検索エンジン相関図 ディレクトリ検索 2006年1月


ディレクトリ検索のパートナー関係は1年前と比較して大きく変化しています。NTTレゾナントとエキサイトによる新会社「クロスディレクトリ」提供によるディレクトリーMonkeyPod(モンキーポッド)が、エキサイト及びgooとそのパートナーに提供されることになりました。この影響によりJリスティングがエキサイト系列のパートナーを全て失うことになりましたがルックスマートよりfreshEYEを奪いました。

正式なアナウンスはありませんがジェイリスティングのサイトには、”その他、大手検索サイトとの提携が内定しております。(近日発表予定)”との告知が掲載されています。残りの”大手”となると@niftyでしょうか。現時点でルックスマートの(ディレクトリーの)提携パートナーは@nifty1社ですが、今後ディレクトリー事業はどうしていくのでしょうか。

検索連動型広告

検索エンジン相関図 検索連動型広告 2006年1月


検索連動型広告の配信先パートナーを表しました。Google(アドワーズ広告)、オーバーチュア(スポンサードサーチ)においては大きな変化はありません。OKWebがスポンサードサーチを掲載した程度です。

Jリスティング、LISTOP、クロスリスティング、ルックスマートの2・3番手グループ間での関係は大きく変化しています。クロスリスティングの誕生によりgooまたはエキサイトとパートナー関係にあったポータルはみなさんレモーラリスティング掲載に切り替えています。

ローカル検索

(2006/01/15 公開予定)

コンテンツ連動型広告

(2006/01/31 公開予定)

※ いろいろな事情により、一部の会社はロゴ表記をしておりません。





記事カテゴリ:ニュース 06H1



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。