DMOZクローンの取扱い - Googleの重複コンテンツ対策

Googleは重複コンテンツ(Dupulicate Contents)対策として以前からDMOZ (Open Directory Project)の削除を実施している。Search Engine Honestyが発表したレポートはおよそ4割のDMOZがGoogleから削除されていることを明らかにしているが・・・。


公開日時:2006年04月18日 11:24

ディレクトリサイトに関する SEO の常識がまた一つ変わった
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2006/04/seo_dmoz_effectiveness.html

この記事はSearch Engine Censoring of Open Directory Dataの調査結果を参照していると思われますが、そもそもGoogle、Yahoo!共に昨年よりDMOZクローンの削除を継続して行っており、”今月のGoogleアルゴリズム変更”が契機になっているわけではありません(調査自体も2006年3月に実施されています)。

また、同調査はGoogleが37%、Yahoo!が11%、MSNが9%のサイトを削除していたと明らかにしているものの、DMOZクローン以外の要素についての分析が十分ではなく、単純にクローンを利用すること自体が問題であるとは言い切れません(DMOZクローンが問題とされていることは否定しません)。

SEOの観点からみたDMOZという点においても、Googleは既にODPからのリンク評価を下げていますので、「重要な手法ではない」ことは今にはじまったことではありません。





記事カテゴリ:ニュース 06H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。