住太陽氏、9種類のオンラインSEOツールを無料公開

住太陽氏、無料で使えるSEO関連のツールを新たに7種類公開。


公開日時:2006年04月20日 17:09

日本初のSEO書籍「アクセスアップのための[SEO]ロボット型検索エンジン最適化」の執筆者としても知られる住太陽(すみ・もとはる)氏は2006年4月20日、7種類のオンラインSEOツールを無償公開した。同氏が従来から提供してきたツールとあわせて合計9種類となる。

今回新たに公開されたのは、ブラウザとの通信時にサーバが送信するHTTPヘッダ情報を解析する「HTTPヘッダ情報解析ツール」、ウェブページに記述されたリンクの内容を解析する「アウトバウンドリンク解析」、検索エンジンロボットへのクロール対象/除外命令を記述するファイルを解析する「robot.txt解析ツール」、HTMLタグの利用状況を解析する「HTMLタグ利用状況解析」、メタタグ(description、keywords)を自動的に生成する「メタタグ生成ツール」、リダイレクト処理を解析する「リダイレクト検証ツール」、HTMLファイルのサイズを計測する「ファイルサイズ計測ツール」の7種。従来から公開されていた「キーワード出現頻度解析」と「検索エンジンロボットシミュレーター」も改良された。

住太陽氏は、SEOを活用する中心的なプレーヤーは増す広告を効果的に活用できず資金力もない中小規模の事業者であり、こうしたユーザーの役に立ちたいと思うと述べている。

アクセスアップのための[SEO]ロボット型検索エンジン最適化
http://www.searchengineoptimization.jp/





記事カテゴリ:ニュース 06H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。