ニューズウォッチ、ニュース検索サイト「フレッシュアイラボ」を公開

ニューズウォッチ、様々な角度からニュースやブログの最新情報を取得できるフレッシュアイラボ(freshEYE Laboratory)の提供を開始


公開日時:2006年06月12日 11:49

株式会社ニューズウォッチは2006年6月12日、検索ポータルサイト「フレッシュアイ」において約 3,800のトピックに自動分類されたニュースやブログなどの最新情報を表示する「フレッシュアイラボ」を公開した。

フレッシュアイラボは同社独自の検索技術や言語処理技術を活用して、ニュースやブログをリアルタイムに収集・自動分類して、約3,800のトピックに関連づけ一覧表示するサービス。今どの地域の話題がホットなのか、誰がニュースやブログを賑わせているのか、一時間前から急激に関心が高まった話題は何かなど様々な角度からニュースを閲覧できる。

現在は人名ランキング、国別・都道府県別ランキング、急上昇ランキング、グラフ別表示(トピック別記事数シェアグラフ、トピック別アクセス数シェアグラフなど)に対応。

フレッシュアイラボ
http://labs.fresheye.com/

最新情報検索サイトfreshEYE - 「フレッシュアイラボ」をリリース、ニュースやブログをあらゆる角度からチェック
http://www.newswatch.co.jp/company/press/pr20060612.html





記事カテゴリ:ニュース 06H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。