Google「自然リンクと人工リンク」を区別


米Googleがリンクの取扱いについて自然リンクとそうでないリンクの定義と注意事項を公式ブログで記載している。


2006年06月19日 16:26 | ニュース 06H1 | TrackBack (7) | 執筆:

米Googleが公式ブログ「Inside Google Sitemaps」において、自然リンク(Natural Links)と人工リンク(Unnatural links)の取扱いについて見解を述べている。

Googleは、コンテンツに価値を見出し訪問者に紹介するために設置されるようなWebで自然発生的に生まれたリンクを自然リンクと定義。一方で検索エンジンに人気があるように見せかけることのみを目的として設置されたリンクを人工リンクと定義している。Googleはこうした人口リンクのいくつかは同社のウェブマスターガイドラインに違反するとしており、例えばランキングやPageRankを上昇させるためのリンクスキームへの参加や、スパムサイトや”悪しき隣人”に対してリンクを張らないこと、また検索エンジンのために作成されたドアウェイページを設置しないよう呼びかけている。

また、一般的にスパムサイトや悪しき隣人”へ”リンクを張ることは自身のインデックスやランキングに悪影響を及ぼしうると説明。こうしたサイト”から”リンクをもらった場合は弊害が及ぶことはないが決してプラスにはならないとしている。

Googleのリンク分析技術を巡っては、先日エンジニアのMatt Cutts氏が「過度の相互リンクを実施しているサイト」や「インバウンド/アウトバウンドリンクの信頼性が著しく低いサイト」に対するクロール頻度を下げる、あるいは登録を行わない場合があることを指摘しており、リンクスパムの横行に対してGoogleは様々な対応策を試みている。

Inside Google Sitemaps: Live in our hometown
http://sitemaps.blogspot.com/2006/05/live-in-our-hometown.html

cf.
「品質の低い相互リンクサイトは登録せず」 - 米Google Matt Cutts氏 :: SEM R










最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
SEO 外部リンク診断・分析時に大切な2つの評価基準
ペンギンアップデート3.0は影響1%未満、完了まで数週間かかる見込み
「SEOとGoogle の展望とSEO担当者が理解すべき戦略 2015 セミナー」(11/27)
Google ペンギンアップデート3.0 傾向と対策
Google「パイレーツアップデート」実施、著作権侵害サイト対策を強化
アダルト専門検索のBoodiGo、著作権侵害対策でPorn Guardianと提携
【公式】 Google、ペンギンアップデート3.0実施を認める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。