Google、アドワーズ広告の掲載順位を指定できる「掲載順位設定」機能を追加

グーグル、アドワーズ広告の掲載順位を指定できるPosition Preference(掲載順位設定)を提供開始。一部ユーザーに限られている模様。


公開日時:2006年04月06日 15:19

Search Engine Watch及びそのフォーラムの投稿によると、米Googleは今月、広告主がアドワーズ広告の掲載位置を指定できるPosition Preference(掲載順位設定)機能を追加した。

掲載順位設定は広告主が条件を指定することでアドワーズ広告の掲載順位を指定することができる機能。例えば「3位から6位の範囲に掲載」という条件を与えると、アドワーズ広告のシステム側でこの条件に沿うように掲載がコントロールされ、広告ランクがこの条件を満たさない(2位以上のランク、または7位以下のランク)場合は広告を非表示にする。設定したランクが3位よりも上になった場合は自動的に入札価格を低くして希望順位に掲載する。

掲載順位設定では「現在の順位よりも高く表示する (たとえば、7 位以上)」、「現在の順位よりも低く表示する (たとえば、4 位以下)」、「ある範囲内で表示する (たとえば、2 から 8 位)」、「特定の順位に表示する (たとえば、2 位)」などの条件を指定できる。1位から 10位以下の範囲で、キャンペーンのキーワードの一部または全てに対して個別に設定可能だ。

ただし、掲載順位設定は必ず希望の順位に掲載することを保証する機能ではなく、通常のアドワーズ広告の掲載順位ロジック(CPCや品質スコア、その他要素)に基づいて決められる。従って、例えば「1位に掲載する」と指定しても広告自体がその条件を満たせない場合は広告が掲載されない。つまり指定した条件を満たせない場合は広告が表示されないため、条件次第で広告表示の結果、クリック数やインプレッション数が激減する可能性がある。





記事カテゴリ:リスティング広告
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。