「AdWords Editor」 - オフラインでアドワーズ広告管理が行えるツールが登場

AdWords Editor - オフラインでもアドワーズ広告の設定変更が可能に。


公開日時:2006年01月27日 16:55

米Googleが2006年1月24日、オフラインでアドワーズ広告の設定変更できるデスクトップアプリケーション「AdWords Editor(アドワーズエディタ)」のベータ版を公開した。

Google  Adwords EditorはGoogleが提供する無料のアドワーズ広告管理ツール。オンライン上のアドワーズ広告キャンペーン情報をダウンロードしてローカル(オフライン)で編集できる。CPCやキーワード、クリエイティブの追加・変更・削除が可能。ウィザードを用いてバルク変更も可能。ローカルで行った変更はインターネットに接続した際にオンラインに反映される。

AdWords Editorはローカルでキャンペーン情報にアクセスできるため、ストレスなくキャンペーン情報にアクセス可能だ。大規模なキャンペーンもオフラインでまとめて変更してから反映できるため作業効率もあがるだろう。

なお、AdWords Editorは一部のベータテスター向けに公開されており、一般ユーザーが試すことはできない。また、Google Budget Optimizerやコンテンツ入札、サイトターゲティングはサポートされていない。また、キャンペーンの規模によっては全てのキーワードがダウンロードされない場合がある。

AdWords Editor
http://services.google.com/adwordseditor/index.html





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。