独BMWのサイト、Googleインデックスから削除される

ドイツ大手自動車メーカーBMWのサイトが検索エンジンスパム行為を行っていたとしてGoogleインデックスから削除された。JavaScriptによるリダイレクトを悪用して検索エンジンを欺いていたことが原因だ。


公開日時:2006年02月06日 09:37

検索エンジンを騙す行為を行っていたとして、ドイツ大手自動車メーカー BMWのサイトがGoogleインデックスから削除された。

GoogleエンジニアのMatt Cutts氏によると、BMW社は訪問者用とクローラ(googlebot)用のウェブを別々に用意。訪問者がアクセスした際には自動車のイメージを多用したグラフィカルなウェブを表示する一方、クローラが訪問した際には訪問者用とは異なるウェブページにリダイレクト(転送)してテキストを詰め込んだウェブを表示していた。JavaScriptによるリダイレクトを悪用しており、Matt氏はこれが同社の品質ガイドラインに抵触すると判断、インデックスから削除した。

BMWはGoogleの指摘を受けて問題のページを削除したものの、同社のサイトはGoogleに全くインデックスされていない状況が現在も続いている。

ウェブスパム対策チームは同様の理由でRICOHドイツ法人(http://www.ricoh.de/)のサイトもまもなくGoogleから削除すると話している。Googleは、今年は英語以外のウェブサイトの検索エンジンスパムも厳しく取り締まる方針を表明していた。

[UPDATE] GoogleがBMW.deのサイトを検索結果に再掲載した。問題のスパムがサイトから除去され、Googleウェブスパムチームもこれを確認したため。

問題のウェブページ
http://www.bmw.de/bmw-neuwagen.html

cf.
Matt Cutts氏「今年は英語以外のスパムにも注意を払う」 :: SEM R

cf.
Google、「スパムは厳しく対処」の姿勢を見せる [CNET Japan]





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。