Google、独BMWのサイトを再び検索結果に掲載

ドイツBMW社、Googleに「検索エンジンスパム」と判断された問題のページを削除。Google側もこれを確認し、再び同社サイトを検索結果に掲載した。


公開日時:2006年02月08日 13:06

米GoogleのMatt Cutts氏は2006年2月7日、検索エンジンスパムを行ったとして検索結果から削除したドイツ自動車大手メーカーBMW (bmw.de)のサイトを検索結果に再掲載したことを明らかにした。

BMW社は検索エンジン用にテキストを詰め込んだページを訪問者用とは別に用意する「ドアウェイページ」と呼ばれる手法を利用、JavaScriptリダイレクトを悪用して検検索結果を操作した。これに対して「不正な検索結果が表示されるようなサイトの作り方を容認することはできない」(Google広報)として問題となったbmw.deのサイトを検索結果から削除した。

BMW社はその後、問題とされたページを削除。Google Webスパムチームもこれを確認し、検索結果に戻した。Googleで「site:www.bmw.de」と検索すると、15,000ページ(2006/02/08 13:00 時点)のインデックスが確認できる。

Googleは検索品質を低下させるような不正行為を行っているサイトを検索結果から削除しているが、問題と判断された箇所を修正してGoogleに再申請(Reinclusion Request)を行うことで、検索結果画面に再度表示させることが可能となっている。

cf.
Google からペナルティを受けるとどうなりますか? :: SEM R

独BMWのサイト、Googleインデックスから削除される :: SEM R





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。