グーグル、Orionの検索技術を買収

Google、Orionと呼ばれるテキスト検索技術を買収。Orionは検索結果により多くの適切な情報を表示し、リンク先ページへ飛ぶ必要をなくすことを目的に設計。


公開日時:2006年04月11日 09:57

米Googleがオーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の学生が開発したテキスト検索技術Orionを買収した。その開発者であるOri Alon,氏はGoogleで働いており、Orionの開発プロジェクトを進めているという。

昨年9月に発行されたプレスリリースによるとOrionはGoogleやYahoo!などの検索サービスを補完するために設計されている。通常の検索エンジンは検索キーワードを含むWebページを抽出するがOrionは検索キーワードと関連性の高いトピックを持つコンテンツを特定、ページのセクション単位で検索結果を返す。また、検索キーワードに関連するトピックもリスト表示する。例えば、「American Revolution」と検索するとOrionはこのフレーズを含むコンテンツを抜粋するだけでなく、"American history"や"George Washington"、"the Declaration of Independence"などの関連トピックを表示する。この技術により、ユーザーは検索エンジンから個々のWebページにアクセスしなくても情報が取得できるようになるという。

New search engine 'revolutionary' [UNSW]
http://www.unsw.edu.au/news/pad/articles/2005/sep/Orion.html

Google exploring new search technique [CNET]
http://news.com.com/2100-1038_3-6059395.html





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。