Google、SERP下部に関連検索の表示テスト

Google、よく利用される検索ワードを検索結果画面上に表示する試験を一部ユーザ向けにテスト。


公開日時:2006年06月25日 17:34

Googleが一部ユーザー向けに、検索結果(SERP)下部に関連検索を表示するテストを行っている。

Googleが表示する関連検索は、Yahoo!検索のSERP上部の「関連検索ワード」に相当するもので、検索に利用したキーワードと組み合わせて頻繁に利用されているであろうワード一覧がSERP下部に表示される。

一般に検索ユーザはSERPを見渡して探し求めていた情報が見つからないとき、検索ワードを変えて検索する行動をとるが、画面下部に関連検索を通じて候補ワードを表示することで検索の利便性を高めることを目的にすると推定される。

Google
http://www.google.co.jp/





記事カテゴリ:Google 06



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。