言語/地域によるグーグル検索結果の表示ルール

同じキーワードで検索してもGoogleの検索結果が異なる事情について、Google公式ブログで解説が掲載されている。UIの設定言語や検索クエリ、IPアドレスによってSERPが変化するとのことだ。


公開日時:2006年09月01日 21:29

Googleは同じキーワードを利用して検索しても、言語設定やアクセス元(IPアドレス)などによって異なる検索結果(SERP)を表示する場合がある。こうしたSERPの表示ルールについて、Googleの公式ブログ「Official Google Webmaster Central Blog」8月31日付けの記事に解説が掲載されている。

まず、アクセントのある文字列、例えば[México]で検索した場合、GoogleはMexicoとMéxicoいずれかの文字を持ったWebページを検索結果に表示する。逆に[Mexico]など、アクセント記号を持ちうる文字列で検索を行った場合、アクセントのあり/なし(つまりMexicoとMéxico)両方の文字列に該当するWebページを表示する。

Google利用時のユーザーインターフェース(UI)の言語もSERPに影響する。例えばアクセント記号を持つ文字列がそれを持たない文字列と同等と判断するかはUIの言語に依存するという。同様に、例えば英語のUIを使用している場合、入力された検索クエリも英語と推定して、英語で記述されたWebページをSERPに表示するように調整される。

このように、UIやアクセス元のIPアドレス、パーソナライズド検索の有無、検索対象として指定された言語/地域によって、たとえ同じ文字列のキーワードで検索してもSERPは変化することになるということだ。

How search results may differ based on accented characters and interface languages [Official Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2006/08/how-search-results-may-differ-based-on.html





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。