グーグル、アドウェア等の配信サイトへ警告表示を開始

グーグル、アドウェア、スパイウェア、マルウェアなど悪意あるソフトウェアを配布しているWebサイトへの警告表示を開始。検索中へ訪問時のほか、Google Webmaster Centralからも確認可能。


公開日時:2006年11月15日 17:12

米Googleは先日より、StopBadware.orgが定義するバッドウェア(スパイウェアやマルウェア、アドウェア)などを配信していると判断したWebサイトに検索ユーザが訪問する時に警告表示を行っていたが、このたび、ウェブマスター向けの管理ツール「Google Webmaster Central」に警告を表示する機能を追加した。

バッドウェア配信サイトと認識されている場合、Google Webmaster Central管理画面のDiagnostic Summaryタブから確認できる。万が一、悪意あるソフトウェアを配布しているWebサイトと識別されている場合、あるいは既に該当するソフトウェアは削除した場合は、StopBadware.orgに申し立てをする(連絡先は appeals at stopbadware.org、at は @)必要がある。

Badware alerts for your sites [Official Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2006/11/badware-alerts-for-your-sites.html

cf.
サイトが、誤って悪意のあるソフトウェアを配布しているウェブ サイトとして識別されています。 この問題を解決にはどうすればよいですか。 [Google ウェブマスター向けヘルプ センター]
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=45432

Website Guidelines - StopBadware.org
http://www.stopbadware.org/home/guidelines#website





記事カテゴリ:Google 06
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。