米Google、検索シェア増加は11ヶ月連続でストップ - comScore qSearch

調査会社comScore Networksが毎月のqSearchレポートを発表。11ヶ月連続でマーケットシェアを伸ばしていたGoogleは06年7月はマイナス1ポイントで伸び止まる。


公開日時:2006年08月21日 14:12

米調査会社のcomScore Networksは2006年8月20日、米国の検索エンジンシェアを発表した。

comScore qSearch 米国の検索エンジンシェア 2006年7月

2006年6月まで11ヶ月連続で検索シェアを増加させていたGoogleは、2006年7月のシェアが43.7%で前月の44.7%から1ポイントダウンした。Yahoo!は28.8%で前月比0.3ポイント増、MSNは12.8%で前月と変わらず、Time Warner (AOL)は5.6%から5.9%と0.3ポイント像、Askも同じく5.1%から5.4%と0.3ポイント像だった。Googleは1ポイント減少させたがその他のサイトはわずかにシェアを獲得した。

その他、2006年7月の米国の検索回数は63億で前月比2%減少。7月によく見られる季節要因が影響しているという。年間の検索クエリ数自体は着実に伸びており、2005年7月以来30%上昇している。

検索エンジン別ではGoogle (27億回)、Yahoo!(18億)、MSN(8,020万)、Time Warner (3,660万)、Ask Network (3,380万)。検索ツールバーではGoogleとYahoo!が市場を支配しており、両者あわせて95%のマーケットシェアを獲得。Googleが50.3%、Yahoo!が46.2%。

Yahoo! Sites Register a Moderate Share Gain for the Second Consecutive Month
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=984





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。