[解説] 時系列で見るSEOのパフォーマンス

「時系列で見るSEOのパフォーマンス」 (japan.internet.com) のグラフについて解説


公開日時:2006年08月22日 11:40

時系列で見る SEO のパフォーマンス [japan.internet.com]
http://japan.internet.com/busnews/20060822/27.html

本日のjapan.internet.comの記事にて掲載したグラフについて補足解説をします。

グラフが見づらいですが、縦軸が検索順位(1位~50位)、横軸が時間(2006年5月1日~2006年8月15日)を表します。4つのグラフはそれぞれ、「人材」「旅行」「金融」「ショッピング」から、あるキーワードを取り上げています。検索エンジンはGoogleまたはYahoo!です。

上3つのグラフの最上位部分を見ていただくと、いずれの線もほぼ水平になっていることがわかります。これは検索最上位(1~6位)は3ヶ月半にわたり検索順位が変わっていないことを示しています。検索数が多く、様々な消費者の意志(インテンション)がこめられているであろう一般キーワードにおいては、大概こうした傾向が見られます。SEOの技術的観点からは、こうしたキーワードは何らかの手段によって大量の外部リンクを獲得していることと、インデックス更新による順位変動の影響を受けやすいことが要因として考えられます。

一番下のグラフは「ショッピング系」に属する、とあるキーワードですが検索中位~下位において非常に激しい検索順位の変動が観察されます(急上昇/急降下している線が多いですね)。商品カテゴリ/ブランド/型番系のキーワード、あるいはキーフレーズにおいてこうした傾向が見られます。掲載はしていませんが、書籍やDVDカテゴリのキーワードにおける検索順位の推移を追っていくと、頻繁に検索順位変動が観察されます。こうしたキーワードはCGMで多様されますし、新商品の発売などによるインデックス更新の影響を受けること、そもそも適度にSEOされているページが少ないために結果として順位が不安定になるのではないかと推定されます。

このように検索順位を連続して追っていくと、例えばSEOは「検索アルゴリズムが順位を決定するから、(永続的に1位を獲得できるわけではないため)効果が継続しない、常にアルゴリズムの変化を追い続けなければいけないから大変」などといわれますが、実は最上位のグループはそんなに順位変動が起きていないわけで(=このレベルまでSEOすれば順位は安定してしまう)長い期間で見るとリスティング広告との比較でパフォーマンスは良いという見方もできるでしょう(あくまで両者を比較した場合の話です)。

最後に訂正です。japan.internet.com 記事中のAOLの検索データですが、このデータ取得期間は正しくは「2006年3月~5月」でした。お詫びして訂正いたします。





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。