ネッピア、日本語インターネットアドレスの優先登録サービスを開始

ネッピア(NETPIA)、日本語インターネットアドレスの優先登録サービスを開始。11月以降、正式サービスを提供予定。


公開日時:2006年09月04日 15:24

株式会社NETPIA(ネッピア)は2006年9月4日、自国語インターネットアドレス(Native Language Internet Address)サービスにおける日本国内サービス、「日本語インターネットアドレス(JAddress)」の優先登録サービス(サンライズ・ピリオド)を開始すると発表した。

NETPIAの日本語インターネットアドレス(JAddress)は2006年1月23日から開始した「テスト登録サービス」期間を経て、2006年9月から商標権者のための「優先登録サービス(サンライズ・ピリオド)」を2006年9月5日から10月15日まで実施し11月以降、一般ユーザーを対象とした先着登録制の正式なサービスを提供する予定。2006年はキーワード登録数10,000件を目標に展開する。

日本語インターネットアドレス(JAddress)とはブラウザー上のアドレスバーに直接日本語(ひらがな、カタカナ、漢字、数字、英字)でキーワードを入力することで目的のウェブサイトにリンクするサービス。NETPIAが提供する「自国語インターネットアドレス」は、韓国・タイ・トルコに続いて本年から米国での商用サービスが始まり、近い将来15カ国でサービスを予定している。日本ではJWordが同様のサービスを提供しているがNETPIAのサービスはデバイスを選ばないのが特徴で、日本国内の携帯サービスやネット家電も視野にサービス拡大を検討している。

NETPIA日本法人の「小島拓人」代表は、優先登録サービス開始にあたり「既に韓国ではNETPIAによる韓国語のインターネットアドレスが普及してインターネットは英語ではなく母国語のアドレスで行うという“常識”が社会通念となっています。弊社はこの“常識”を日本でも広め、もってこのアジア発のネット技術により世界の9割を占める非英語圏を含むインターネットサービスの拡大に貢献したいと念じております」と抱負を述べている。

株式会社NETPIA
http://www.netpia.co.jp/





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。