サイト内検索クエリの大半が1~2語 - 米WebSideStory調査

サイト内検索利用者の80%以上は1~2語で検索していることが明らかに。米WebSideStoryとPatricia Seybold Groupの調査。


公開日時:2006年09月05日 15:40

米WebSideStoryとPatricia Seybold Groupの調査で、サイト内検索利用者の大半が1~2語のキーワードで検索していることが明らかになった。

同調査は15のEコマースサイトと14のメディアサイト、13のリード獲得サイトを含む42のWebSideStoryの顧客から取得した3,400万の検索クエリを分析。1~2語の検索クエリが全体の83%を占めた。Eコマースサイトに限るとこの割合は91%にのぼる。また、全体の約12%がゼロサーチ(検索結果ゼロ)だった。Eコマースサイトに限るとこの割合は8.5%。

Seybold GroupのSusan Aldrich氏は、サイト内検索のキーワードはウェブ検索におけるキーワードを探る上で重要なうえ、サーチキャンペーンにおいて選択すべきキーワードを考えるヒントとなると指摘。サイト運営者はサイト内検索でどのようなキーワードが利用されているかをよく理解して、インターネットキャンペーンで行うべきものを見つけるべきだと述べている。

Most site search terms are short and simple, study finds [InternetRetailer.com]
http://www.internetretailer.com/dailyNews.asp?id=19734





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。