NTTコミュニケーションズ、国産検索エンジン開発に意欲

NTTコミュニケーションズ社長、「情報大航海プロジェクト」の国産検索エンジン開発に前向き発言。


公開日時:2006年10月10日 23:49

asahi.comの記事によると、NTTコミュニケーションズの和才博美社長が朝日新聞のインタビューに応じて、「日本が自前で基盤技術を開発することが重要だ」と述べ、国産検索エンジンの実現を目指す考えを示した。

「情報大航海プロジェクト」は経済産業省が後押しする次世代検索エンジン開発の産学連携プロジェクト。大学や企業など56団体が参加しており、経産省は2007年度予算の概算要求に50億円を計上している。


「日の丸検索エンジン」開発に意欲 NTTコム社長 [asahi.com]
http://www.asahi.com/business/update/1006/144.html

「ITによる「情報大航海時代」の情報利用を考える研究会」での検討状況と「情報大航海プロジェクト・コンソーシアム」設立発起人集会の開催について
http://www.meti.go.jp/press/20060616006/20060616006.html

ITによる「情報大航海時代」の情報利用を考える研究会(第2回)  配付資料
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g60414mj.html

ITによる「情報大航海時代」の情報利用を考える研究会(第1回)  議事要旨
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0003477/index.html





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。