ムーター、モバイル向けのカテゴリ分類技術に対する名前を公募

ムーター、Mooterのモバイル向けカテゴリ分類分けプログラムの名前を公募。


公開日時:2006年10月26日 10:36

ムーター株式会社は2006年10月21日の公式ブログにて、モバイル向けに開発しているカテゴリ分類分けの技術についての名前の公募を始めている。

Mooter Blogによると、開発しているのはMooter技術根幹のカテゴリ分類分けに関する技術。Webページに出現する文字列に対して、カテゴリとの関係性を基準に正/負の係数をかけていく。例えば「グルメ」でよく利用される単語が出現した場合は正の係数を、利用されない単語には負の計数をかける。この方法でカテゴリごとに計算して、総係数からサイトの総単語数で割って正規化した計数がある一定数字を超えたカテゴリを所属カテゴリと判断する。利用用途として、「ある単語で検索したとき、ヒットしたサイトのカテゴリを表示する」「アダルトフィルタリングなどのフィルタリング技術への応用」が挙げられている。

Mooterの技術開発部門は「開発グループでアイディアを出し合っても、どうも技術的な名前に偏っていたり専門的すぎてしまう」ということでアイデアを出してほしいと呼びかけている。

Mooterは創業者のLiesl Capper により2001年に誕生。Mooter は英語の‘Moot’(討論する)に由来しており、ユーザー個々へもっともふさわしい検索結果を提供する事を目標としている。2006年2月14日に日本語版の検索サービスを開始した。

名前を公募します! [Mooter Blog]
http://blog.mooter.co.jp/?p=15

Mooter日本語版
http://www.mooter.co.jp/

cf.
ムーター、日本語ウェブ検索サービスを開始 :: SEM R

Google に挑むオーストラリアの企業 Mooter Search :: SEM R





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。