ネットレイティングス、オンライン広告統計レポート「AdRelevance」提供開始

ネットレイティングス、オンライン広告統計レポート「AdRelevance(アドレレバンス)」をリリース。競合会社の広告活動をほぼリアルタイムで知ることが可能に。


公開日時:2006年10月27日 19:07

ネットレイティングス株式会社は2006年10月16日、オンライン広告統計レポート「AdRelevance(アドレレバンス)」の提供を開始した。

「AdRelevance(アドレレバンス)」はインターネット上のメディアで展開されるバナー広告の出稿状況をレポートするもので、アドインプレッション(出稿量)、推定広告費、広告主別の広告出稿状況、媒体別の広告掲載状況などを日本全体及びキャンペーン単位、バナー広告単位で把握可能な出稿量統計レポート。アドレレバンスを導入することで、自社及び競合を含む業界内及び日本全体のオンライン広告の出稿状況が把握でき、広告主、広告代理店はオンライン広告戦略の立案時に、また、媒体社は広告商品開発時などに数値的な裏づけを持った科学的なマーケティングを実践できるという。

ネットレイティングス株式会社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は「従来、数値的裏づけや市場全体を網羅して情報収集することが難しかったオンライン広告市場のプレイヤーに対し、アドレレバンスは科学的な裏づけを持ったマーケティング情報を提供し、オンライン広告市場の発展に寄与することになると思います。」と述べている。

ネットレイティングス、オンライン広告統計レポート 「AdRelevance(アドレレバンス)」を10月16日より提供開始 ~2006年9月月間の日本のバナー広告推定総広告費は192億円~
http://www.netratings.co.jp/New_news/News10162006.htm





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。