米国800万の家庭が過去3ヶ月内に500ドル以上をネットで利用 - 米Forrester Research調査

米調査会社フォレスターリサーチが米国家庭のEコマース利用状況に関する調査を発表。800万世帯が過去3ヶ月内に500ドル以上をネットで消費。


公開日時:2006年10月27日 19:07

米国の8,000万の家庭のうち、75%がインターネットを通じて商品を購入したことがあり、うち2/3は過去3ヶ月以内にオンラインで購入したことがあることが、米Forrester Researchが実施した最新の調査で明らかになった。

同調査によると19%(800万)の家庭が過去3ヶ月に500ドル以上を消費し、16%は250ドルから499ドル、26%が100ドルから249ドル、39%は1ドルから99ドルだった。オンライン買物客の70%は他の購買チャネルよりもネットチャネルがより簡単であると答えたという。

Forrester Researchの予測ではオンラインEコマース市場規模(旅行とオークションを除く)は2011年に2700億ドルを超える見込み。

75% of U.S. online households have purchased products over the web [InternetRetailer]
http://www.internetretailer.com/dailyNews.asp?id=20268





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。