「RSSを今後利用したい」41.9% - Eストアー調査

ネットショッピング利用経験者、「RSSを今後利用したい」41.9%、「興味のある商品やセール情報などのRSS取得を利用したい」98.2%。Eストアー調査


公開日時:2006年11月01日 17:21

ネットショップの総合支援を行う株式会社Eストアーは2006年11月1日、「ネットショッピング経験者のRSS利用に関する調査」の結果を発表した。

「インターネット白書2006年」によると、RSSの利用率は前年の9.5%に比べて14.8%と、徐々に増加している。また今後普及が予想されるInternet Explorer 7では、RSSリーダー機能が標準化されており、RSSはより一般化するといわれている。Eストアーではそのような背景を踏まえて、1ヶ月以内にネットショッピングを経験したユーザー全国の412名(対象:1ヶ月以内にネットショッピングを利用したことのある20歳以上)に対し、RSS認知度と利用状況についてインターネット調査を実施した。

RSSについて、、「どのような機能か知っている(22.8%)」、「名前を知っている(37.4%)」と合計60.2%がRSSを認知していた。また、RSSを認知しているユーザに対し利用状況を聞いたところ、合計38.7%が「現在利用している(20.2%)」、「過去に利用したことがある(18.5%)」と回答。一般的な利用率に比べてネットショッピング経験者のRSS利用率は高いという結果になった。また、「利用経験は無いが今後利用したい(41.9%)」という意見も多く、合計80.6%もの人がRSSの利用経験がある、もしくは今後利用したいと考えていることがわかった。

また、「興味のある商品やお得なセール情報などをRSSでカンタンに取得できるサイトがあれば利用したいか?」という質問に対して、「利用する(18.5%)」、「登録が簡単であれば利用する(34.7%)」、「配信情報によって利用する(45.1%)」とネットショッピング経験者のうち98.2%とほとんどのユーザが、RSSを取得できるサイトがあれば、利用したい意向のようだ。

株式会社Eストアー
http://estore.co.jp/

「ネットショッピング経験者のRSS利用に関する調査」
http://estore.co.jp/s-company/pdf/Release061101.pdf





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。