クローキングとは(NET Marketing用語解説)

検索エンジンスパムの1つ、クローキングの定義について。


公開日時:2006年11月16日 20:00

RSSフィードで受信されたエントリーに次のような説明がありました。NET Marketing 用語解説より。

なお、アクセスしてきた端末がPCなのか携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイなど)なのかによって最適なページを表示する場合でも、 User-Agent情報などを利用して表示ページを切り替えることになる。このため、クローキングとみなされる恐れもあるので、サイト運営者は注意が必要である。 [クローキング、nikkei BP net]

このケースで「クローキングとみなされる」(=検索エンジンがスパムと判断する)恐れはありません。それがクローキングとなるなら、ブラウザの言語設定を判別して、自動的に日本語/英語/その他の言語を表示するようなサイトも不正になってしまいます。技術的な要件(この場合、アクセス元を判別して異なる情報を渡すもの)を満たしたものが全てダメなのではなく、合理的理由がないものがダメです(この勘違いが非常に多い)。

検索エンジン側の立場で考えてみましょう。携帯 / PC の判別がクローキングと判断されるような可能性があること、いいかえれば、もし検索エンジンがこの判別技術をスパムとすれば、本来インデックスすべきWebサイトが含まれないことになり、検索の利便性を損ねることになります(つまり、迷惑行為であると判断するための合理性がない)、従って、スパムとは判断できないのです。

cf.
クローキングって何? :: SEM R

また、これもよく勘違いされることですが、クローキングとは、あるページにアクセスした時に、User-AgentやIPアドレスによって表示するコンテンツを決定するものを指すのであって、あるリンクをクリックした時にどこにリダイレクトするかはクローキングとは関係ありません。「Amazon.co.jp のアソシエイトプログラムはクローキングに該当しないのですか?」という質問をよく受けるのですが、これはリンクをクリックされた時のリダイレクト処理をどうするかという話であってクローキングうんぬんの話ではありません。





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。