アウン、検索連動型広告の運用・管理を沖縄に移管 - 沖縄ラボ開設

アウンコンサルティング、沖縄県那覇市に沖縄ラボを新設、オーバーチュア・スポンサードサーチやGoogleアドワーズ広告などの検索連動型広告、コンテンツ連動型広告のプランナー業務を移管。


公開日時:2006年11月20日 16:56

アウンコンサルティング株式会社は2006年11月20日、沖縄に事務所を新設、「沖縄ラボ」を開設し、検索連動型広告の運用や管理を移管すると発表した。

沖縄に移管するのは検索連動型広告やコンテンツ連動型広告運用に係るキーワード選定や入札管理、定型レポート作成といったプランナー業務の一部。自動的に入札や掲載順位を管理するツールは存在するが100%自動化はできないうえ、運用品質を高めるなど顧客ニーズに対応するためには運用管理者が必要だが人件費がかかる。沖縄に移管することで人件費を下げるほか、や那覇市の各種の優遇措置や助成制度といったプランを活用することで効率的な事業の運営を実現する。

沖縄ラボは、2006年12月4日より開設。当初は少人数によるオペレーション面での安定稼動の体制構築を進め、順次規模の拡大を目指す。





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。