WikipediaでSEO対策?

百科事典ウィキペディアでSEO対策ができる?


公開日時:2006年11月26日 10:50

今回はまず、Wikipediaサイトを利用したSEO対策法をご紹介したいと思います。(中略)上場、非上場などは問われません。自社の概要を掲載した上、自社サイトへのリンクを張ることが可能です。Wikipediaは普通のページであっても4~5のページランクが与えられていますので、非常に優秀なリンク元となるわけです。しかも無料で、確実に掲載することが可能です。[田村昌士、スマートシステム株式会社代表取締役、Lesson 2. ページランクの高いサイトとリンクする方法、「ネットショップ&アフィリエイトのためのSEO対策」]

Wikipediaは外部リンク参照の時に rel="nofollow" がつくので外部リンクとして機能しないので技術的に間違いですね。それはさておき、こうした記事を普通に書いてしまうのは、SEOを単なる検索上位表示テクニックというレベルでしか認識していないからではないでしょうか。

記事入稿時にImpress Watchがチェックすべきという意見もあるでしょう。しかし、前回の第1回の記事の内容も考えると、これはImpress Watchがチェックしなかったのではなくて、「すぐに取り組めるSEOテクニックのほうが読者受けがいい」という編集方針に則って公開したという可能性があります。大抵、SEOの話題を取り扱いたいパブリッシャーは、理論や考え方の記事よりもノウハウ的なものを求めるからです。

日欧米問わず、一定の評価を持つSEOスペシャリストがコラム等の記事で述べる外部リンク対策関連の話は、理論や姿勢、考え方に関するものが多く、ノウハウ的な、その日にすぐ使えるような具体的なリンク獲得方法な話は少ない/ほとんどありません。具体的な方法だけを述べてしまうとそれだけが一人歩きしてしまい、スパム紛いの方法を推奨していると誤認される恐れがあるためです。

例えば、ソーシャルブックマークをSEO(これはSMOに近い領域になりますが)に活用しましょうという話をする時、まともなSEOスペシャリストであれば、「外部リンクが自然に生まれやすい環境を構築する」という観点から、どのように取り組んでいくべきかについて話を展開する人がきっと多いでしょう。しかし、もし「ソーシャルブックマークのトップページに掲載されると多くのトラフィックも集められますしリンクも増えます、だから早速会員登録してブックマークしましょう」なんて書いてしまったら、きっと自分で自身のサイト内のページを片っ端から登録する輩が出てくるに違いありません。

[UPDATE] 引用元の記事がすでに修正されていました。





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。