「ディズニーランドにSEO提案してみて下さい」 - SEOの学び方 (1) (CNET Japanブログ)

CNET Japan ブログより。SEOを技術的視点でのみ学習する、検索上位に表示すること自体を目的にしてしまうと、SEO施行段階で直面する様々な意思決定が適切に行えなくなってしまいます。


公開日時:2006年11月27日 10:45

2005年4月からアイレップという会社にきて以来、社内向けにサーチマーケティングについての勉強会を開催することが度々あるのですが、いつも私が感じることは、"SEOがわかる"人間を養成するのは難しい、ということです。

例えば、自分で運営するアフィリエイトサイトの収益を上げたいためにSEOを学びたいといったような、SEOを実施する対象Webサイトが限定されている場合、あるいは、Webサイトの種類を問わず常に外部リンクを集中させて特定キーワードでの検索ランキングを上げるような、特定の決まったスキームを繰り返すだけの場合を想定したSEOを教えるのであれば難しいことではありません。マニュアルを作ってしまえば終わりです。しかし、不特定多数のWeb サイトを相手にしたコンサルティングを提供できる人材を育てようとすると、必要とするスキルが多岐にわたることもあり、1人で分析から戦略策定、効果測定までこなせるような人材を育成するのは簡単ではありません。マニュアル化は不可能です。故に分業化を進めるわけですが、それでもSEO全体のことを把握・理解しておかないと上手く仕事を進めていくことはできないでしょう。

そんなわけでSEOを教える時は、「効率よくノウハウやスキルを伝達しつつ、かつ、将来どこの会社に行っても検索のスペシャリストとして通用するような、そうした素養を持った人に育てるためにはどうすればよいのか」試行錯誤しているのですが、色々考えた末に「最初に学ぶべき事項」はいくつか見えてきました。今日から不定期になりますが、いくつか取り上げていきたいと思います。

続き:「ディズニーランドにSEO提案をしてみてください」 - SEOの学び方 (1)





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。