中国の百度(baidu.com)、日本の検索市場参入を表明 - 2007年にも

中国語検索エンジン百度(Baidu.com)が日本市場へ参入、2007年に日本語検索サービス開始へ


公開日時:2006年12月05日 12:14

百度 バイドゥ
中国最大の検索エンジンBaidu.com, Inc.は2006年12月4日、2007年に日本の検索市場へ参入すると発表した。

百度CEOのRobin Li氏は、百度は非英語圏検索での自らの強さを証明できたと確信しており、中国語と類似点が多くインターネットの普及率が高い日本が次のステップとして理想的だと述べている。

CNNIC(The China Internet Network Information Center、中国互聯網絡信息中心)によると2006年9月の検索シェアは百度が62%、Googleが25%、ヤフーは4.8%。

百度
http://www.baidu.com/

Baidu to Enter Japanese Search Market in 2007 [Baidu Press Release]
http://ir.baidu.com/phoenix.zhtml?c=188488&p=irol-newsArticle&ID=938152

cf.
中国の検索エンジン百度、日本語検索サービス開始へ 勝算は? [サーチエンジン情報館]

Yahoo China's President Resigns; Zeng to Step In [WSJ]
http://online.wsj.com/article/SB116471551925334427-search.html

Baidu to Raise Web-Search Stakes With Japan Entry [WSJ]
http://online.wsj.com/article/SB116520691604939776-search.html





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。