アイレップSEM総合研究所、2006年検索業界10大ニュースを発表

アイレップ・サーチエンジンマーケティング総合研究所(SEM総合研究所)、2006年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表。携帯各社による携帯検索の本格展開や大手企業の検索エンジンスパム削除問題、新興検索エンジンの登場などが上位に並んだ。


公開日時:2006年12月06日 16:58

株式会社アイレップ・SEM総合研究所は2006年12月5日、2006年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界10大ニュースを発表した。

1位はGoogleとKDDI提携によるau EZweb検索サービスへのGoogle導入をはじめとするモバイル検索のニュースを挙げた。NTTドコモは複数検索会社との提携、ソフトバンクはYahoo!と連携して同じくモバイル検索を開始し、来年以降は積極的なマーケティング活用も予想される。

2位は検索エンジンスパム行為をめぐるGoogleからの削除問題。2006年前半にドイツBMW、リコー、日本でも大手広告代理店をはじめ複数のサイトが相次いでインデックスから削除され話題となった。Googleは検索エンジンスパム行為者に対して削除前に事前警告・通知するなどサイト運営者側への配慮も見せ始めているが、検索品質を維持するために、来年もスパム行為が平然と行われている大手サイトに対すてペナルティが与えられそうだ。

3位は産学官連携による国産検索エンジン開発「情報大航海プロジェクト」をはじめチームラボのSAGOOL、マーズフラッグのMARSFLAG<といった同じく国産の検索エンジン、ショッピング検索ビカムやオーストラリアのムーターの日本上陸など新興検索エンジンを取り上げた。昨日には中国最大手検索エンジン百度(baidu.com)が2007年への日本進出を発表している。

4位以降は各社から相次いでリリースされたLPO(ランディングページ最適化)を支援するLPOツールや、オーバーチュアとグーグルによるモバイル検索連動型広告の正式サービス開始、Yahoo!の新広告プラットフォーム「Panama」のほか、どの広告でも使われている「○○○○検索」などが挙げられた。

アイレップSEM総合研究所、2006年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表 [アイレップ ニュースリリース]
http://www.sem-irep.jp/info/sem200610.html





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。