ショーケース・ティービー、誘導型LPOサービス「ナビキャスト」を提供開始

ショーケース・ティービー、キーワードに連動してナビゲーションバナーを表示することで目的ページに訪問者を誘導する、LPOソリューション「ナビキャスト」をリリース。


公開日時:2006年12月11日 11:45

株式会社ショーケース・ティービーは2006年12月5日、Googleアドワーズやオーバーチュア・スポンサードサーチなどの検索連動型広告やSEO(サーチエンジン最適化)などのコンバージョン率を高め、Webマーケティングの費用対効果を飛躍的に高める誘導型LPOサービス「ナビキャスト」の提供を開始した。

ナビキャストとは、キーワードに連動した「ナビゲーションバナー」で来訪者に合わせたコンテンツを表示し、来訪者を迷わず目的のページへ誘導するサービス。取扱商品が多く、商品ページが多いサイトや、検索エンジンから各詳細ページに直接訪問できないサイトなどにおいて、Webサイトからの離脱を防ぎ、コンバージョン率を向上できる。また通常のLPOとは異なり、ナビゲーションバナーの自動生成機能により、ランディングページのコンテンツ制作に関わる時間やコストを大幅に削減できるという。

ナビキャストを利用することで、例えば特定の日時・曜日や期間を限定できるスケジュール機能によりキャンペーン期間中のみ告知したい情報を表示する、IPアドレスによる地域判別機能によりユーザーの最寄の店舗や会場を案内する、アクセス回数判別機能により初回来訪者とリピータを区別して誘導する、などユーザーごとに表示するナビゲーションバナーを自動的に変更し、特定のユーザーを特設ページへ案内できる。

ナビキャスト
http://www.navicast.co.jp/





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。