アウンコンサルティング、「2006年のSEM10大トピック」を発表

アウンコンサルティング、2006年のSEM10大トピックを発表。モバイル検索元年、販促手法としてのクロスメディア、オーバーチュアとGoogleのモバイル検索連動型広告開始などを選定。


公開日時:2006年12月12日 18:07

アウンコンサルティング株式会社は2006年12月12日、2006年のSEM10大トピックを発表した。

1位は「携帯キャリア各社が検索システムを導入 ~モバイル検索元年~」。ソフトバンクとYahoo!JAPANの連携、KDDIとGoogle提携によるEZwebへのGoogle検索エンジン搭載、NTTドコモのiモード上での複数検索エンジンによる検索サービス提供開始と、モバイル検索分野における本格競争時代が到来したことを挙げた。

2位は「YouTube、MySpace等のWeb2.0サイトとGoogleの接近」。動画共有サイトYouTubeはGoogleにより買収され、米国人気SNS「MySpace」はGoogle検索エンジンを導入するなど、Web 2.0の典型例とされてきた人気サイトが相次いでGoogleと結びついたことを挙げた。

3位は「オーバーチュア、携帯電話向けの検索連動型広告「スポンサードサーチモバイル」を正式提供」。2006年3月13日に正式提供を開始したオーバーチュアの携帯電話向け検索連動型広告「スポンサードサーチモバイル」を選定。

4位以下はGoogleモバイル広告の開始や販促手法としてテレビCMや紙媒体と検索エンジンによるクロスメディアの普及、マイクロソフトのLive Search正式公開、ブランディング広告としてのSEM利用の増加などを挙げた。

cf.
アイレップSEM総合研究所、2006年検索業界10大ニュースを発表 :: SEM R





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。