NAVER、2007年に日本再上陸 - NHN、日本進出を明らかに

韓国インターネット検索最大手、NHNが2007年後半に日本進出。


公開日時:2006年12月14日 11:37

韓国検索エンジン最大手のNHNは2006年12月13日、ソウルで開催されたプレスカンファレンスで2007年に日本進出、検索サービスを開始することを明らかにした。

NHN CEO Chae Hwi-young氏は、2007年後半に日本語サービスを開始すると述べた。NHNの運営する検索ポータルNAVER(ネイバー)は、調査会社KoreanClickによると韓国で77%のシェアを持つ。Yahoo!とGoogleはそれぞれ僅か5%と2%。専門家はNAVERが韓国で成功した要因としてユーザ同士で質問・回答するナレッジコミュニティ「Knowledge iN」サービスを挙げる。日本では1回の検索でブログや動画、画像、音楽、書籍、ニュースなど複数のカテゴリを横断して検索結果を表示する”統合検索”を強みにしたいと述べている。

NHNの日本法人、NHN Japanは2005年1月31日でNAVER日本語版のサービスを終了、検索事業から撤退していた。

#
いまさら再上陸して、何か勝算があるのでしょうか。

NHN Corporation
http://www.nhncorp.com/

South Korea's NHN to aim for Japan market [Businessweek]
http://www.businessweek.com/ap/financialnews/D8M03SAO0.htm





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。