Google「品質に関するガイドライン」の事例(ウェブマスター向けヘルプセンターより)

Googleのウェブマスター向けヘルプで説明されている、品質に関するガイドライン。※ とある雑誌向け原稿執筆用の、情報整理メモです。"メモ"なので一部誤りがある可能性があります。


公開日時:2006年12月25日 15:15

Google のウェブマスター向けのガイドラインはどのようなものですか。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35769(以下、同ページより引用)

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を考慮してページを作成する。 ユーザーを騙すようなコンテンツや、"クローキング" を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。

Googleはクローキング絶対禁止派。User-Agent / IP クローキング両方とも検索エンジンスパムと判断する。

検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為を行わない。判断の目安となるのは、ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を説明したときに、何もやましい点がないかどうかです。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、 検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

PageRankを上昇させることのみを目的としたリンク評価の操作を禁止する。「検索エンジンがこの世に存在しないとき、その施策を行うか?」が目安の基準として挙げられているが、検索エンジンが存在する今日において「Googleが推奨するSEO」(インデックスのされやすさ、ページの構成方法など)が存在する以上、同基準の考え方で判断はできないのでは?

サイトの順位や PageRank を上げるように設計されたリンク プログラムに参加しない。 特にウェブ スパマーや不正なウェブ サイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。

相互リンクネットワークへの参加。また、スパムを行っているサイト「へ」のリンクを推奨していない。

プログラムの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反します。 Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する WebPosition Gold™ のような製品の使用は推奨していません。

自動ランキングチェックツールを推奨しない。

以下、品質に関するガイドライン - 具体的なガイドラインより

隠しテキストや隠しリンクを使用しない。

隠しテキストと隠しリンクは検索エンジンスパム行為と判断する。隠しリンクをスパムと判断した事例は多数あり。

クローキングや不正なリダイレクトを行わない。Google に自動化されたクエリを送信しない。

先述した通り

コンテンツに関係のない言葉をページに記載しない。

検索エンジンでヒットさせることのみを目的としたキーワードの記述?キーワード詰め込みスパム?

複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開しない。

重複コンテンツの取り扱いには注意する。印刷用/Web閲覧用のページを用意しているのであれば、印刷用ページのディレクトリに対するクローラのアクセスを禁止するなどの措置が適当。無数にサブドメインを作成して大量にGoogleにインデックスさせている例は海外では多数確認されている。

ウイルス、トロイの木馬、その他マルウェアをインストールするページを作成しない。

検索エンジンを利用して不正な情報を流通させる行為も検索エンジンスパム。

検索エンジン用に誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどない提携プログラムのような、見掛け倒しのプログラムを使用しない。

MFA、リンクネットワーク用の無意味なコンテンツをかき集めたWebサイトの構築など。

お客様のサイトが提携プログラムに参加している場合は、お客様のサイトが価値を高めているかを確認してください。 独自性や関連性があるコンテンツを提供して、ユーザーがお客様のサイトを最初に訪問するようにしてください。

アフィリエイトサイトのフィルタリング?Yahoo!も同様のフィルタリングは実施中。





記事カテゴリ:ニュース 06H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。