【NET Marketing FORUM】 SEOの対策と効果--Webサイト規模や運営体制で変わる成功へのハードル

6月17日開催ネットマーケティングフォーラムの専門トラックBのパネルディスカッション「SEOの対策と効果--Webサイト規模や運営体制で変わる成功へのハードル」にてモデレーターを務めます。


公開日時:2008年05月21日 10:54

2008年6月17日に開催される、日経BP主催の「NET Marketing Forum」のカンファレンスにて、「SEOの対策と効果--Webサイト規模や運営体制で変わる成功へのハードル」のモデレーターをします(専門トラックB)。

このセッションでは、多数のスタッフが携わるであろう大規模サイトのサーチマーケティング(SEO)運用における組織体制のあり方やSEOの目標・戦略設定、施策の実施プロセス、効果測定の行い方をテーマにしています。パネリストは、オールアバウトのメディアプロデュース本部メディア企画部サーファーグループマネジャー・白石俊哉氏、オウケイウェイヴのポータル事業部事業部長・河野高儀氏、恒信印刷代表取締役・吉田和彦氏の3氏です。

一般にSEOや検索連動型広告のテーマを取り扱った書籍や記事は、(私が通常執筆しているコラムもそうなのですが)基本的に「読む人がSEOや検索連動型広告担当者」であり、その人が自分で行うことを想定しており、企業組織の中でどのように運用するかは想定されていません。また、そういうテーマが語られることはあまりありません。

しかし、IBMやIntel、WAL-MART、HP、Yahoo!といった大企業は、サーチマーケティングのための組織体制を整え、一定のフローに従って施策を実施し、大規模サイトゆえの効果測定を行いながらSEOを実施しています。このパネルディスカッションでは3社のお話をうかがいながら、どのようにSEOを運用していくかについて理解を深めていきます。

申し込み:NET Marketing FORUM
http://ac.nikkeibp.co.jp/nmf/conference/

#
SEOの細かなテクニカルな話題ではなくて、SEOキャンペーン全体の戦略・組織論が中心になるはずです。





記事カテゴリ:お知らせ
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。