「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」発売のお知らせ

SEOの書籍「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」のお知らせ


公開日時:2008年05月28日 08:17

2003 年4月に発売した「検索にガンガンヒットするホームページの作り方」(翔泳社)から5年の歳月が経ちました。検索業界も大きく様変わりし、また、サーチマーケティングの手法としてのSEO(検索エンジン最適化)の認知も広がり、導入する企業も増えてきました。こうした昨今の情勢において、これからSEO を勉強したい、また、SEOのことをもう1度復習したいという方のために、前著の全面改訂版「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社)を 2008年6月16日に発売することになりました。

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」概要

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」は、主にSEOをこれから学ぶ、あるいは勉強中の初級~中級者の読者を想定して執筆しています。ただし、本書全体を最新フレームワーク(SEOへの姿勢、取り組み方、考え方)に置き換え、90%以上を新たに書き直していますので、前著をお読みいただいた方はもちろん、サーチマーケティング業界で働いている方でも、SEOの復習や知識のアップデート、あるいは検索会社側の理屈や考え方を学ぶのに役立つように配慮しています。

その他、次のような更新を行いました。

「考え方」「取り組み方」「検索会社の論理」に重点を置いています

『検索エンジンの目的は、ユーザーが探し求めている情報へ瞬時にアクセスできるように関連性の高いリンクを提示することにあります。この検索体験の質を高めるために、ユーザーの検索意図(インテント)を正確に把握し、また、個々のページが何について記述されており、そして重要度や信用度がどの程度かを適切に推し量る技術が要求されます。

しかし人と機械(検索技術)にはどうしても埋められない差があり、「人」が見て良いと思ったサイトを、「検索技術」も同じく評価できないことがあります。それは、人はアクセス可能でも、検索技術にはアクセスできない、理解できない(動的URL、Flash、動画、文脈解析など)事柄が数多く存在するからです。

こうした状況において、情報発信者であるサイト運営者、あるいは企業はどのように発信したコンテンツをユーザーに届けたらいいのでしょうか?』

この前提にたって、本書は「検索エンジンに、適切に情報を伝達し、その内容を理解・評価させるためのサイト構築技術・情報発信技術」としてのSEOについて体系的にまとめています。単にSEOマーケッターの視点でなく、検索技術を開発するGoogleやYahoo!側の物の考え方やロジックも紹介しながら「なぜ?」を説明しています。SEOマーケッターと検索開発会社双方の視点から考えることで、日々のSEO関連の業務において、合理的な判断が下せる考え方を身につけられることを目的にしています。

逆に、本書は、検索エンジンアルゴリズムの脆弱性を突いた、速攻で効果が上がる裏技的テクニックは一切取り扱っていませんので、そういった情報を求める方には全くお勧めすることはできません。

リンク系アルゴリズムの内容を刷新しました

今日の検索エンジンはリンク分析(link analysis)を通じてウェブページの重要度を判定しており、ランキングにおいて多分に影響を与えている要素です。本書では、リンク分析アルゴリズムの解説にページを割きました。なぜ検索エンジンはリンクを評価するか、どの要素を、なぜ評価し、それを評価すると検索体験はどう変化するか?というアルゴリズムの説明と、サイト運営において評価をあげるためにはどうすべきか、という実務編の両方に触れています。書籍、雑誌、ネット含めて、日本語で入手できる情報としては最も体系化され、充実しているはずです。

その他、検索キーワード選定も新たに章立てとして充実させたほか、「リンクやコンテンツの関連性」という言葉が登場するようになった昨今の情勢にあわせて「トピカリティ(Topicality)」の項目を、キーワードの位置や出現頻度の重要性が薄れた情勢にあわせて「ライティング」「構造化」の項目を新たに追加しました。

検索エンジンスパムの事例を充実させました

体系的にSEOを学習できていない人向けに、検索エンジンスパムの章も充実させました。ブログパーツや解析ツールへのリンク埋め込み型リンクスパムやコンテンツ自動生成スパム、相互リンクスパムなど具体的な方法を交えて、どの部分が検索エンジンガイドラインに違反するか詳細に解説していますので、やってはいけないこと、その理由を学ぶことができます。また、倫理観を持ち合わせない悪質なSEO会社にアウトソースしないための予備知識として役立つはずです。

最新検索サービスに対応しています

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書はウェブ検索の最適化を主題として記述していますが、Googleユニバーサル検索、Googleパーソナライズ検索といった最新技術にも対応しています。これらの検索技術の特徴、サーチマーケティングに与えるインパクト、これらを見据えたSEOの戦略方針について解説を加えました。その他、エイジングフィルタ、QDFアルゴリズム、動画検索、画像検索、ローカル検索についても触れています。

ただ、基本的に私は「体系的な情報は書籍で、最新情報はウェブで」というスタンスですので、必要最低限にとどめています。今回も書籍と連動するウェブを用意しますので、本書に入りきらなかった話題や最新情報はウェブで閲覧することができます。

各種統計・調査データを更新しました

前著で利用されていた調査や統計データをすべて更新しました。また、検索連動型広告も主流となった今日にあわせ、「SEOと検索連動型広告を組み合わせた時のシナジー効果」についての説明も、ブランディングおよびリードジェネレーションの観点から解説しています。

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

#
長い年月をかけて、ようやく発売までこぎ着けることができました。本書執筆にあたり、Sさん、Mさん、Tさん、Yさん、Hさん、ご協力ありがとうございました!





記事カテゴリ:お知らせ
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。